カーエアコンの代替になりそうなものを4つまとめてみた

エアコン軽量化

最近、暑い日が続きますよね……。

炎天下の駐車場に置かれていた車の中はもう地獄のような暑さ。

そんなとき、車にエアコンがなかったらどうします?

あるいはエアコンがあっても全然冷えなかったり、そもそも壊れていたり。

ということで今回はカーエアコンの代替になりそうなものを紹介します。

 

スポンサーリンク

①シートヒーター

もちろん真夏にシートヒーターで座席まで熱くしようというわけではありません。

実はシートヒーターにはクーラーも付いているものがあります。

クーラーと言っても、体とシートの間にファンで空気を送っているだけなので、冷たさを求めてはいけません。

しかし、これによってシートに触れている部分の汗が乾きやすくなり、結果的に涼しく感じられます。

 

そしてありがたいことに、このようなシートヒーターは後付けが可能です。

ネットで探すといくつか出てくるので、気になる方は探してみてください。

 

スポンサーリンク

ネッククーラー

最近、首に下げるタイプの扇風機を見かけますよね。

それでもないよりはマシですが、風邪を送るだけなら走行中に窓を開ければいいことです。

実は、本当に冷やしてくれるネッククーラーというものが存在します。

これはペルチェ素子を用いて強制的に温度差を作り出すことで実現しています。

ただ、価格が高いのがネックなんですよね……首だけに。

 

まぁだったら「自分で作ればいいじゃん」ってなりますよね。

ペルチェ素子自体はネットで簡単に手に入るので、意外と安く簡単にネッククーラーは自作可能だと思われます。

 

スポンサーリンク

USBで動くコンパクトクーラー

USB扇風機はすでにたくさんの種類が出回っていますが、あれらはただ送風しているだけですよね。

そうではなくて、水の気化熱によって冷えた空気を送風してくれるクーラーが存在します。

水を中に入れて気化される都合上、手持ちサイズはみたことありませんが、500g程度の小型なものであればネット上で見かけます。

で、実際に買って使ってみたところ、確かに冷たい風が出てきます。

まさかのうちのMH21SワゴンRのエアコンより冷えるっていう……。

まぁ同じ環境で比べたわけではないので多分ですけど。

ということで、これは意外とおすすめです。

たまに水を補給する手間はありますが大したことはないですよね?

スポンサーリンク

デフロスター

デフロスターは窓ガラスの曇りを取るためのものですが、これが効かないと車検に通らない可能性があります。

そのような場合は後付けしちゃいましょう。

幸い、デフロスター代わりに使えそうなものがネット上で見つかります。

 

スポンサーリンク

最後に

冬なら着込めば何とかなりそうですが、夏はそうもいきませんよね。

より冷えるようにするなら、上記のどれかを買い足せばいいですし、軽量化のためにエアコンを取り外したけどやっぱりエアコン欲しいって人にもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました