FF車におけるリアタイヤのグリップの必要性について考察

グリップ力学

FF車はフロントで旋回と駆動の両方を担いますよね。

そうなるとリアタイヤはただ転がっているだけです。

しかし、だからと言ってリアタイヤのグリップをおろそかにしていいのかどうか。

今回はそれについて考察していきます。

 

スポンサーリンク

リアタイヤのグリップがなくなったら?

例えば、フロントはしっかりグリップするけどリアは濡れた氷の上を走ってるかのように全くグリップしない状況を考えてください。

そして仮に重心が両側のフロントタイヤを結んだ線の中央にあるとします。

このような状況でハンドルを切って加速すると、車体の向きを変えずにフロントタイヤが向いている方向に進みます。

極端な例かもしれませんが、「リアタイヤのグリップがゼロかつフロントタイヤに重心」だとこうなってしまいます。

 

つまり、戦車のような無限軌道(キャタピラ)車やセグウェイと同じ状態です。

そしてこれらの車両は左右で回転差を生じさせることで旋回します。

そもそも車のような構造では曲がれなくなってしまいます。

なので車の旋回は4輪すべてのグリップありきで実現するということです。

 

もしリアタイヤのグリップが低いと、旋回時にわずかに滑ってしまい、フロントヘビーなFF車だと車体の向きが変わりにくくなります。

だからFFのレーシングカーはしっかりリアにGTウイングを付けているんですね。

ということで、コーナリング速度を高めるにはリアタイヤのグリップを上げる必要があるということになります。

 

スポンサーリンク

タイヤのグリップが高い→遠心力を相殺する力が高い

タイヤにはせん断弾性という性質があります。

弾性とは、バネのように加えられた力に比例して元に戻そうとする力が発生する性質のことを言います。

せん断弾性はせん断応力に対する弾性のことです。

つまり、グリップ走行はタイヤの横方向のせん断弾性を利用して遠心力を相殺しますが、ドリフト走行は駆動力によって遠心力を相殺することになります。

せっかくタイヤが車を曲げてくれているのなら、駆動力は全て加速に使いたいですよね。

 

スポンサーリンク

最後に

普通に街乗りする分には、グリップ云々よりも低燃費タイヤを選んだ方が良いです。

結果的に乗り心地や騒音も改善されるでしょうね。

ちなみに、タイヤは狭く大径、軽量なものが低燃費化に貢献します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました